にゅーす
ss
あんてな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

意味がわかると怖いコピペ

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:51:54.70 ID:hgt8X5Z20

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた。

5年後、些細なけんかで友達を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた

10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた

15年後、嫌な上司を殺した。
死体は井戸に捨てた。次の日見に行くと死体は消えていた

20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した。
死体は井戸に捨てた。
次の日見に行くと死体は消えずそのままだった。


135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:32:34.06 ID:icbdmoQc0

>>1の意味がわかりません。


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:35:18.58 ID:ZuzfmXAR0

>>135
おふくろがかたしてた。


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:35:55.87 ID:icbdmoQc0

>>140
おぉぉぉぉ…



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 19:55:54.40 ID:hgt8X5Z20

私は13才の中学生
三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し
一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん
今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に就寝
私はベッド、お姉ちゃんは床にひいた布団
わたしは30分も経たないうちに眠りについた。

何時間経ったあとのことだったのだろうか
「ねぇ、起きて」 寝ぼけ半分で目をあけるとおねえちゃんが小声で囁いている。
どうやら寝付けないらしく、一緒に散歩に行かないかと言っている。
私は眠かったのもあり「一人で行ってきなよ」と冷たく押し返したが、
やけにしつこいお姉ちゃん。
終いには乗り気でない私に郷を煮やしたのか私の手を掴み靴も履かず外に引っ張り出された。
「イタイ!」
私の叫びも耳に入らないのか私の手を強く掴んだまま何も言わずただ引っ張る。
「ねぇ!どうしたの?!」
お姉ちゃんは黙っている。よく見ると手は小刻みに震えていた。
家からしばらく離れたところでお姉ちゃんも少し落ち着いてきたのか、掴んだ手が少し緩んだのを感じ
もう一度問いただしてみた。
「何があったの??」
お姉ちゃんは唇を震わせ言った
「やっぱりあんた気づいてなかったのね…」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:22:38.69 ID:uhtJq6y60

>>5
わからん


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:29:09.74 ID:hgt8X5Z20

>>22
ベットの下に何者かが潜んでいた


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:22:22.97 ID:hgt8X5Z20

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。
それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど
田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って
夏の雨が降った時とか、アマガエルが大量に出てくるんだよね
アスファルトの所々でピョコピョコ跳ねてて
踏まないように避けて走るのなんて不可能に近いわけ。
で、ある雨の夜。
案の定カエルだらけの道を姉は家へ向かってたんだけど
前方にノロノロ走る軽自動車があったんだって
運転者は姉ぐらいの若い女の人らしいんだけど
10キロぐらいのスピードで、フラフラ走ってて
追い越したくても追い越せないんだって。
「ここ通るの初めてなのかな?カエル避けて走るなんて無理なのに」
と思いつつしばらく後を走ったんだけど、右へ左へフラフラ
時々ブレーキ踏んだりして、全然先に進まない。
姉も我慢の限界で、クラクションを鳴らしたそうな
前の車の女は後続車が来てるのに気づいてなかったらしく
驚いたようにビクッとして、猛スピードで走って行ったんだって
「なんだ真っ直ぐ走れるんじゃん」と言った姉貴はその直後顔が真っ青になった


129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:30:14.07 ID:ip2Svwbr0

>>21
詳細求


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:32:02.05 ID:fKFYIXQX0

>>129
ゆっくりと丁寧にカエルを潰していたんじゃないの?


496:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:31:03.25 ID:ZMUHd0ch0

>>21こえーよ
これわかる人がこえー


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:33:13.28 ID:hgt8X5Z20

俺はとある女の子と付き合っていた。

とても女の子らしい子で、俺はその子の事が大好きだった。

ある日、女の子が俺の家に来たいと言ったので、入れてあげた。

暫く喋っていると、「トイレ行っていい?」と女の子が言ったので、うんと言った。

待っていると、トイレの中から悲鳴が聞こえた。

なんだ!?と駆けつけたら、彼女が抱きついて来た。

「あのねっ!私が便座を開けたら、ゴキブリがいたのっ」

俺は、ゴキブリが苦手だなんて可愛いな…

と思った。


その時は。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:34:41.30 ID:MfxC9IHj0

>>54
アッー!


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:37:32.11 ID:hgt8X5Z20

「おい、まだかよ?」
俺は、女房の背中に向かって言った。
どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。 「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」
女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」
「あなた…愛してるわ」
女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」
こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」
「ええ」
俺は、足下の台を蹴った。


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:41:30.49 ID:hoCelklgO

>>64意味が分からない。


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:41:46.06 ID:zho020mk0

>>66
首吊り


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:50:43.27 ID:hgt8X5Z20

ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。
「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。
「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」
その台詞に、両親は押し黙ってしまった。
「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:53:53.42 ID:icmjtxvCP

>>79
これ自殺した青年兵士の手足なかったってことでいいよな


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 20:54:27.70 ID:hgt8X5Z20

友達と二人で話してたら、
久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、
近くの山道に惨殺事件があってからも
未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。
玄関から居間、風呂場とトイレ、キッチンに父親の書斎、階段から二階へ行き、
子供部屋からベランダを通り親の寝室、階段を降りて一階へ。
最後に家をバックに一人ずつ。片っ端から写真撮って帰った。

んで今日。出来上がった写真を見て俺達は驚いた。

何も写ってないのだ。
もちろん俺達は普通に写ってる。霊的な物が何も写ってなかったのだ。
「・・おかしくね?」
「もう成仏しちゃったとか、じゃねぇかな?」
「やっぱそうなのかな。じゃあ、あそこ行ってももう心霊写真撮れないって事か。無駄だったなぁ」
「そうでもないよ。行く途中に結構周りから孤立してる民家、一軒あるから。次はそこ行こうぜ」
「おぉ!マジで?そこも廃墟?」
「んな訳ねぇじゃん。普通に人住んでたよ。今日の夜行こうぜ」
「おっけ、分かった。今の内に適当に準備しとくわ」
楽しみだ。かなり久しぶりだから何かワクワクする


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:01:25.93 ID:icmjtxvCP

>>82
人が住んでる……?どういうこと


97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:03:23.21 ID:JjyZmotl0

>>94
会話してる2人は惨殺事件の犯人
民家の人危ない


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:03:51.76 ID:icmjtxvCP

>>97
あーそういうことか


192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:13:11.49 ID:eeGuyJ0f0

>>100
それと、二人で話してるのに「誰か」が心霊写真を撮りたいと言っている。


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:00:26.81 ID:D9oRWxcB0

お風呂に入って頭を洗っている時、「だるま
さんがころんだ」と口にしてはいけません。頭の中で考え
ることも絶対にヤバイです。何故なら、前かがみで目を
とじて頭を洗っている姿が「だるまさんがころんだ」で遊んでいるように見
えるのに併せて、水場は霊を呼び易く、家の中でもキッチンやおふ
ろ場などは霊があつまる格好の場となるからです。さて、洗髪中に
いち度ならず、頭の中で何度か「だるまさんが
ころんだ」を反芻してしまったあなたは気付くこ
とでしょう。青じろい顔の女が、背後から肩越しにあなたの横顔を血ば
しった目でじっとみつめていることに.....。さて、あな
たは今からお風呂タイムですか? 何度も言いますが、
いけませんよ、「だるまさんがころんだ」だけは。


99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:03:33.92 ID:E12Zv+PN0

>>90
チクショウ風呂入れねえ…って、まてよ、なんか隠された意味でもあんの?


102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:04:48.76 ID:E12Zv+PN0

>>99
自己解決しいたwww


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:05:42.08 ID:E12Zv+PN0

>>102やべえしくったwww自己解決したwww


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:14:33.08 ID:ztykbwQs0

俺が小学生の頃の話。
俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。


114: 忍法帖【Lv=26,xxxPT】 :2011/06/26(日) 21:20:14.06 ID:1yFyDJoY0

>>111
普通に怖いんだが・・


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:21:39.73 ID:E12Zv+PN0

>>111
ん?何か隠された意味があるのか?普通に怖い話だと思うが?


136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:32:57.99 ID:gIrtgQ8d0

>>111はちゃんと「意味がわかると怖いコピペ」だよ

指示の後は毎回「と書いてあった。」で〆てるのに
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」だけはそうじゃない
つまりこの文だけは書いてあったことじゃなくて、誰かが口にしたこと

下を見たら、頭のない体が「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」って


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:37:49.73 ID:hgt8X5Z20

昼食をとり終えた頃、いい天気なので散歩にでも行こうと思い出た。
歩きだそうとしたとき10メートル先に妊婦がしゃがみこんでいるのが目にはいる。
すぐに駆けつけ、
「大丈夫ですか?」
と声をかけるが返事はこない。
「どうしました?」
またも返事はない。
さすがにまずいと思い
「救急車を呼びますね」
と言い、携帯を取り出した。
そのとき妊婦が口を開いた
「あのー、すいませんこの近くに交番はありますか?」
なぜ交番の場所を聞かれたのか疑問に思いながらも交番の場所をおしえる。
すると
「そうですかありがとうございます。」
と言いながら立ち上がり、続けざまに
「それではまたどこかで」
と言うと妊婦は去っていった。
なんだったのだろうかと思いながら携帯を開く。
その瞬間あの妊婦の言葉の意味を理解して僕はすぐさま家へと逃げ込んだ。
今思い出しても背筋が凍りつく。
もしあの時声をかけなければどうなっていたのだろうか。


151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:41:52.65 ID:mNSAjOoAO

>>146
詳細もとむ


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:52:23.07 ID:hgt8X5Z20

>>151
妊婦になりすました殺人犯
近くに交番がなかったら殺されていた


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:49:51.04 ID:hgt8X5Z20

兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。すぐに兄は逮捕され、死刑となった。
妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。
父も母も失い、記憶もない。空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、ある日占い師と出会い、自分の過去を占ってもらうことにした。
「何故兄は発狂したのでしょう」
「いいえ、アナタの兄は冷静でした」
「何故家族を殺したりしたのでしょう」
「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」
そして妹は全てを理解して、泣いた。


163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:52:24.71 ID:gIrtgQ8d0

>>160
これ何個か考察あってはっきりしないんだよね…


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:55:05.06 ID:icbdmoQc0

>>163
発狂したのは妹で、兄は妹の罪を被って自殺した
って読み取ったんだけど違うのかな?


169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 21:56:25.20 ID:ztykbwQs0

>>167
兄は死刑だけど意味合いは同じ


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:00:17.33 ID:ztykbwQs0

友人とキャンプに行ったんだ
遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が
下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ
スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!
幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた
悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた
俺「死ぬかと思った」
友人「大丈夫だったか?ホント、ロープ位修理して欲しいよな」


421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:51:00.09 ID:4tgPI2bW0

>>419
kwsk


427:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:52:51.76 ID:HLZ1vUNP0

>>421
てかロープ切れてねーし。
友人はなんでロープなんて言ったんだろうな?


428:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:53:09.72 ID:dDR3OBiR0

>>421
俺が落ちたのは板踏みはずしたからなのに
友人がロープのこといってる
つまり友人が殺しにかかってきてる


183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:07:21.85 ID:hgt8X5Z20

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった
母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった
どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない
警察も半分諦めていた
1ヵ月後、諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言える
アメリカで有名な透視能力者を大金を叩いて招いた
早速両親は娘が今、どこにいるのか透視して貰った
透視能力者は透視を始めた
何分か経って透視能力者は一言
「この子は元気ですよ」
この言葉に両親、親族は大喜び
さらに透視能力者は
「この子の周りには豪華絢爛な家具が見えるので多分、裕福な家庭にいる事が推測されます」
この言葉に両親、親族は多少の疑問を抱きながらも喜んだ
そして母親が核心に迫った
「娘は今、どこにいるのですか?詳しい場所を教えて下さい」と熱の入った口調で言った
透視能力者は一言こう言った
「あなたの娘さんは世界中にいます」


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:10:19.72 ID:icbdmoQc0

>>183
結局、娘は死んでるってことか?天国にいるって意味?


212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:21:23.75 ID:ztykbwQs0

臓器は一つじゃないんだぜ・・・


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:23:53.14 ID:O15dh7HC0

>>212
そうだった・・・・・・・


403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:42:00.19 ID:N8I6Lpy30

>>183
みたいなのが一番主旨にあってるよな


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:08:45.65 ID:up4D37N+0

>>1が頑張るスレだな


204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:17:27.42 ID:hgt8X5Z20

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。
「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。
「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。
次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。
年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。
「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」


208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:18:56.87 ID:icbdmoQc0

>>204
電車が事故るってことか


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:18:38.33 ID:ZDd2Qsqd0

この前、ホンモノの交通事故に遭遇しちゃったよー!!(泣)
 地元の横断歩道で、そんなに大きくない道のわりには交通量の激しいトコ。前から事故も多かったみたいで、同級生から悲惨な目撃談とかきいてた場所です……。
 事故にあったのは結構若い?男性。一緒に信号変わるのを待ってる時にチラッと見ただけだから、確証はないけどたぶんそんな感じの人。若い?って、ハテナつけたのはその人が杖持ってたから。でもお年寄りじゃなさそうだったからなあ。脚でも悪かったのかなあ。
 ボーッと信号待ってたら、私の携帯電話がいきなり鳴り出したんだ。ピーコンピーコンみたいな電子音がすごい音で鳴っちゃったから、ちょっと恥ずかしくて、あわてて携帯出そうとしたんだよ。
 でもストラップが服に引っかかっちゃっててなかなか取れないから焦ってモゾモゾして、やっと電話を取り出したら非通知。なんだよー誰だよーとか思って携帯をしまおうとしたんだ。
 そしたら、いきなりブレーキの音と鈍い音。
 えッて思って携帯から視線外したら、血のついたサングラスが割れて足もとに飛んできてたんだよ(泣)
 で、案の定、杖もってた男の人が数メートル先で血まみれになって倒れてた……。トラックの運転手さんも「どうして急に飛び出してきたんだ!」って怒鳴ってて……。
 なんなのコレ?自殺?
 すごくショックな出来事でした。


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:32:43.10 ID:eeGuyJ0f0

>>206
これどういうこと?


245:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:35:55.89 ID:9egSNF3TO

>>236
杖の若い男は盲人(目が見えない)

ところで、信号って歩行者側が青信号になった時に、音楽流れるの気付いてるか?
童謡だったり‥あるいはただの電子音の時もある


213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:21:55.44 ID:+BKvISJQO

762 (’A`) 2007/07/15(日) 01:42:14 0
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた 5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた 10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた 15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた 20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった

774 (’A`) 2007/07/15(日) 20:11:35 0
>>762
これどういう意味??

790 (’A`) 2007/07/16(月) 13:17:25 0
>>783
主人公が殺して死体を捨てた井戸は、強酸が湧き出てる井戸だった為
夜のうちに全て溶解し死体が溶けて無くなっていた。
しかし母親を殺して捨てた時は、母親の体が金で出来ていた為
溶解することは無く、母親の死体だけは井戸にずっと残る事になった。


215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:23:06.99 ID:Fnlenov90

>>213
ワロタ


216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:23:11.88 ID:ffYquu4y0

>>213
なんで母親の体金でできてんだよ


225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:27:12.58 ID:oIb+pLtY0

>>213
トマトジュース返せ


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:37:48.82 ID:hgt8X5Z20

中学2年の夏、学校の行事で山に1泊2日のキャンプに行くことになった。
夜はバーベキューの後、キャンプファイヤーをしながら歌を歌うことになっていた。
食事が終わった生徒から焚き木の周りに集まってきて全員いると確認とれたみたいだ。
でも火をつける寸前、歌詞が書いてある旅のしおりをテントに忘れたことに気づいて取りに戻った。
テントは少し離れた小高い丘にあってそこからさっきいた場所が見下ろせる。
見ると既にキャンプファイヤーは始まっていた、かなり盛り上がってるみたいだ。
ドーナッツ状に燃える炎がきれいだ、早くみんなのところに行こう。


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:44:01.57 ID:ffYquu4y0

>>249
ワカンネ


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:44:54.39 ID:eO3BkMU+0

>>268
お前のキャンプファイヤーは薪を輪っか状に並べるのか


278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:46:48.94 ID:dr6lf+XM0

>>249

薪の周りに集まった人たちが燃えているんじゃないの?


286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 22:49:15.96 ID:oIb+pLtY0

>>278
え?これそんなにグロイ話だったのかよwww


332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:06:15.61 ID:hgt8X5Z20

『私、メリーさん。今、一階のロビーにいるの…』
『私、メリーさん。今、二階の踊り場にいるの…』
『私、メリーさん。今、三階の踊り場にいるの…フフフ…』
 ………
『わ、私…メリー、ハァ…さん。今、87階の、踊り場にいるの…ハァハァ』
律儀に階段を上り、それを一々報告しなければいけないというのも、妖怪ゆえの悲しい性(さが)だ。
『わ、あ、あたし、メリー…さんっ。ハァ、今は…88階にィッ…る、の』
私が今座っている場所は、上海に建つ超々高層ビルディングの147階居住フロアである。
あと60階近くも残っているのにへたばっている様では、100を前に倒れこむだろう。
『や、あ、たし、メリーさ…んぅっ! い、いあ…89…ちょっと、うう!
 やあ、おしっ…もうだめぇ、出して、ここ開けてぇ! も、もれ、あ…いあああああ!
 あ、あ、だめぇ! 切って、今すぐ電話切ってぇ! 聞かない…でぇぇっ…』
何だ、やけに息切れしていると思ったらそういうことだったのか。妖怪にも「そんなこと」があるとは初耳だ。
50階から126階まではオフィスフロアがひしめき、非常階段のドアはセキュリティ上の都合で
非常時以外は開かないようになっている。駆け下りるにも駆け上がるにも行かず、さぞや苦悶したことだろう。
しかし、不本意な形ながら障害を排除し、恥辱に燃えるメリーさんが残りの階段を駆け上がってこないとも限らない。
そうなる前に、私は屋上のヘリポートへ向かうことにした。


338: 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2011/06/26(日) 23:09:20.58 ID:G2Y78lSi0

>>332
このコピペ好きだわwww
気分がすっとするwww


345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:11:43.97 ID:7OSRkNnQ0

>>332
ふぅ・・・


335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:08:31.36 ID:hgt8X5Z20

僕「先生、どうでしょうか?」
医者「心配ないですよ。よく効く座薬がありますから、それを使いましょう」
僕はパンツを脱いで、お尻を先生の前に突き出しました。先生は肩に手を掛けました。
医者「いいですか?イキますよ。ハイ、力を抜いて」
僕「ううっ」
座薬が何個も入ったようでした。
医者「この座薬を毎朝、1週間続けてみてください」
僕「どうもありがとうございました」
翌朝。言われた通り座薬を入れようとしたが上手くいきません。そこで嫁に頼むことにした。
嫁「これをお尻に入れればいいのね。わかった。いくわよ」
嫁は右手で座薬をつまみ、左手を肩にかけました。
その時!
僕「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」
嫁「どうしたの?!ごめんなさい、痛かった?大丈夫?」
僕「うわぁぁぁぁ!!違う、今、気が付いたんだ!うわぁぁぁぁ!!!」
嫁「なに?何に気づいたの?」


僕「あのとき先生は、おれの肩に両手を掛けていた!!」


339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:09:22.58 ID:mBm4SA5W0

>>335
アッー


346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:14:23.81 ID:2MXWJXu00

>>335
ふぅ・・・


380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:32:28.79 ID:hgt8X5Z20

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。
その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。
背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの。

これやべーじゃんってことで、霊能者に写真を鑑定してもらった。
そしたら、「この写真からは霊気を感じない。心霊写真でも何でもないよ。」だとさ。

あ~あ、ビックリさせやがって全く。


388:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/26(日) 23:36:32.72 ID:gIrtgQ8d0

>>380
幽霊じゃない方がやべえええええええええええ


568:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:58:53.82 ID:CVI8sui/0

さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。
音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。
俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。
ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じて俺はふと我に返った。
何やってんだ俺は。このテレビは15万もしたじゃないか。
たまたま落とした場所には布団が敷いてあって、落ちた振動は多少あったが落ちた音は全くしなかった。
たぶん壊れていないだろうと思いながらテレビの電源を入れてみた。
映像は普通に映るのだが、音が全く出なくなっていた。
最悪だ。15万円のテレビまで壊れてしまった。
それにしても今日は外が不思議なくらいに静かだ・・・
気晴らしにちょっと散歩にでも行ってみようかなぁ。


571:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 00:59:52.30 ID:G+kkaiC30

>>568
壊れてるのは耳?


618:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:23:50.47 ID:+qMbdj+a0

長い間わたしたちは見つめあっていた。
まだお互いに触れ合ってもいないのにあの人はしっとりと汗をかいていた。
あの人の吸い込まれるような青い目に見つめられると、自分がほとんど
裸でいることがひどく無防備に思えてくる。
あの人の故郷のあのヨーロッパの小さな国では、男の人はみなこんなに
たくましいのだろうか、そんな思いに心を漂わせていると、 ふいに彼が
こちらに手を伸ばし、気がつくとわたしはそのがっしりした腕の中に抱き
すくめられていた。
彼はわたしの耳元で激しくあえぎながら、いつもの性急さでわたしの体を
覆うたった一枚残された布切れに手を伸ばしてくる。
いけない。またいつものように彼に主導権を握られてしまう。
わたしは必死で抵抗するが、もう手遅れだった。
彼は腰を打ち付けるようにしてがぶり寄ると、わたしを土俵の外に押し出したのだった。


628:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:26:45.83 ID:ua11nbQz0

>>618
相撲じゃねぇか


638:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:30:06.93 ID:re5j0VID0

ある日コンビニにアヒルがやってきて、店員に「ブドウは
ありますか」と尋ねた。店員が「ブドウは置いていません」
と答えたら、アヒルは帰っていった。

翌日、そのコンビニにまたアヒルがやってきて、同じ店員
に「ブドウはありますか」と尋ねた。店員は「ブドウは置
いていません」と強い口調で答えたら、アヒルは帰って
いった。

さらに翌日、そのコンビニにまたまたアヒルがやってきて、
店員に「ブドウはありますか」と尋ねた。店員は発狂し、
「だから昨日も一昨日も言ったけど、うちにはブドウは
置いてねえんだよ!明日また同じこと聞いたら丸焼きに
するからな!」と言った。
アヒルはびっくりして帰っていた。

次の日、そのコンビニにまたそのアヒルがやってきて、
同じ店員に「ライターかマッチありますか」と尋ねた。
その店員は予想外の質問に 煙草をふかしながら「あいにく今切らしていて
置いてないよ」と言った。

それは聞いたアヒルは嬉しそうに尋ねた。
「じゃあ、ブドウはありますか?」


640:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:31:52.93 ID:ua11nbQz0

>>638
真面目にわからん


645:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:32:32.29 ID:G+kkaiC30

>>640
ライターないから丸焼きがなんたらってことじゃね?


659:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:42:00.25 ID:Lj/Br5xE0

>>645
でもなんでタバコ吸ってるんだろう


661:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 01:43:00.07 ID:CGM/+yv40

>>659
店員が最後の1個をもってるからアヒルは…


696:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:04:33.29 ID:CVI8sui/0

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。
山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、
しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をすることにした。

食事が終わり定食屋に設置されているテレビをふと見ると、
さっきまで家族が乗っていたバスが落石事故で乗員全員死亡というニュースが流れていた。
そのニュースを見た妻は、「あのバスを降りなければよかった…」と呟いた。
それを聞いた夫は、「何を馬鹿なことを言っているんだ!」と怒鳴った この時は


715:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:12:38.86 ID:ZMUHd0ch0

>>696がわからん


719:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:14:08.62 ID:G+kkaiC30

>>715
バスを降りるために自分達がバスを一旦とまらせることがなければ
落下してくる岩はさけられた

多分バスの後ろに落下してくると思う


699:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:06:32.09 ID:/9O5NY9g0

今日もまた上司に怒鳴られた。
OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。
「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」そんなことを考えつつ帰宅した。
家といっても、たった二部屋しかないボロアパート。
リビング+キッチンと寝室だけ。
窓もリビングにしかない。安いから良いけど。
玄関の鍵を開けて部屋にはいると、びっくりした。
リビングにあったタンスが荒らされていた。
そういや、朝食を食べに出た時に鍵をかけ忘れて、そのまま出勤したんだ……
くそっ!窓は全部鍵が掛かってるから、
玄関から入られたんだろう。あー気持ち悪い。むかつく。死んで欲しいと思う。
もう今日は疲れた。晩ご飯はいいや。警察には明日届けを出そう…
私は玄関の鍵が閉まってるのを確認し、寝室に向かった。


718:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:13:49.47 ID:CrGjCDqG0

>>699
鍵開けて出勤したのに
帰って来たら鍵しまってる=密室=犯人中に居る


714:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:12:35.58 ID:re5j0VID0

姉は筋金入りの潔癖症だ。いつも部屋をピカピカにしてないと気がすまない。私はというと、
どちらかというとズボラな方で、ゴミが散らかっててもあまり気にはならない性格だ。
だから同じ部屋を使ってる私たちは、なんとなくぎこちない感じだった。

ある日、業を煮やした姉はついに切れた。「あんたいい加減にしてよ!毎日毎日部屋を散らかして!片付けてるこっちの身にもなってよ!
どうせわざと散らかして片付けてる私をみてほくそえんでるんでしょ?もうあんたみたいな薄汚れた人間なんて真っ平よ!」
そういって出て行ってしまった。ものすごい剣幕だったので「なによあれ・・・」と
思いつつも、私も少し反省して、これからは少しづつでも整理整頓できる女になろう!と
決心し、とりあえず今散らかっている部屋を掃除し始めた。

30分後・・・部屋の隅から隅までゴミ一つない光景がそこにあった。我ながら感嘆の溜息を漏らし、
私だってやれば出来る!という自信がついた。そこへ姉が帰ってきた。どうやらゴミ袋を買いに行っていたらしい、
それにしても随分と大きなゴミ袋だ。私は「見てお姉ちゃん、あたし頑張ってこんなに綺麗にしたのよ!だからそれも必要ないし。
あたしだってやればできるんだから!」と息巻いた。姉は「そうね」といいつつも、ゴミ袋を一つだけ取り出した。


722:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:15:22.25 ID:+gFzQ1rw0

>>714
主人公は薄汚れてるので潔癖性にとって…
排除するべき存在なので殺されます


736:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:22:02.37 ID:re5j0VID0

>>28
極上生腰か・・・ああいう大型のやつはどうしても
値段が高くなるから手を出しにくいんだよねぇ
個人的にはオナホに1万以上だしたくない
今持ってる中で一番高かったのは嬢ポテで5千円くらい


737:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:22:43.00 ID:jbVNyztz0

wwww


738:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:22:59.42 ID:oF2AOY1B0

なんつう誤爆www


739:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:23:10.87 ID:Ai/WmsGp0

>>736
本日の一番怖い話ですね


742:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:24:02.87 ID:re5j0VID0

>>736
うあああああああああ誤爆したああああああああああああああ
きっと霊の仕業だな、うんそうに違いない


743:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:24:04.42 ID:PUFapb0yO

>>736
ここまで凄い誤爆も珍しい


734:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/27(月) 02:21:03.20 ID:/wYpnrg50

このスレがVIPに立つと夏を感じる


このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2011/06/28 21:17 ] 怖い | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。